福岡労働局長登録教習機関 安全衛生講習

酸素欠乏場所危険作業特別教育(第2種)

酸素欠乏危険場所および硫化水素等の発生場所における作業に労働者を就かせるときは特別の教育が必要です

酸素欠乏症や硫化水素中毒の危険がある酸素欠乏危険場所での作業は、建築工事をはじめ製造業、化学工業など幅広い業種で行われており、酸素欠乏症等による労働災害は各業種において発生するおそれがあります。
 これらの災害は、酸素欠乏等の危険のある場所としての認識不足や現場作業者への教育不足、作業管理の不徹底など酸素欠乏症等の発生原因や防止措置についての理解や知識が不十分であることが原因となって発生しています。このようなことから、酸欠災害を防止するため労働安全衛生法令では、「酸素欠乏危険場所における作業に係る業務」に労働者を就かせる場合は特別の教育を行うことが義務付けられています。(労働安全衛生法第59条、労働安全衛生規則第36条)

  • ※「第2種」とは酸素欠乏症および硫化水素中毒のおそれがある作業をいい、「第1種」とは酸素欠乏症のみの作業をいいます。
  • ※酸素欠乏場所危険作業特別教育(第2種)には酸素欠乏場所危険作業特別教育(第1種)の内容が含まれます。
  • ※この教育は酸素欠乏(硫化水素)危険作業主任者技能講習ではりません。

酸素欠乏場所危険作業特別教育(第2種) 講習料

講習料 10,100円 / 1名 (受講料8,800円+教材費1,300円) ※消費税含
【振込先】
福岡銀行 井尻支店 普通 209671 一般社団法人 福岡経営者労働福祉協会
  • 申込書はこちら
  • 申込方法の詳細はこちら

酸素欠乏場所危険作業特別教育(第2種) 日程表 / 講習会場


年度 日程 会場(学科のみ1日講習)
平成30年 1月 25(木) 福岡 学科:南市民センター(福岡市南区塩原)
2月      
3月      
4月 5(木) 福岡 学科:南市民センター(福岡市南区塩原)
5月      
6月 7(木) 福岡 学科:南市民センター(福岡市南区塩原)
7月      
8月      
9月      
10月 17(水) 福岡 学科:博多市民センター(福岡市博多区山王)
11月      
12月      
平成31年 1月 17(木) 福岡 学科:会場未定
2月      
3月      

申込方法

所定の申込書にて事前にお申込下さい。
(申込書原本は事前にご郵送下さい。FAXでの予約も可能です。FAX:092-555-5870

  • 申込書はこちら
  • 申込方法の詳細はこちら
<申込書提出先>
一般社団法人 福岡経営者労働福祉協会
〒815-0032 福岡市南区塩原4-13-10 TEL:092-555-5822 FAX:092-555-5870

酸素欠乏場所危険作業特別教育(第2種) カリキュラム(予定)

日付 講習科目 時間
1日講習
(学科)
開校式 08:50~09:00  
酸素欠乏等の発生の原因 09:00~10:00 5.5
酸素欠乏症等の症状 10:05~11:05
空気呼吸器等の使用の方法 11:10~12:10
昼食
事故の場合の退避及び救急そ生の方法 12:55~13:55
その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項 14:00~15:30
閉校式(修了証交付)  

団体概要

〒815-0032
福岡県福岡市南区塩原4丁目13-10

TEL : 092-555-5822 FAX : 092-555-5870

団体概要ページへ